QC検定(品質管理検定)eラーニングサイト  〜合格への望みをかなえてくれる「eラーニングサイト」です。〜

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

サイト運営者の紹介

2007年9月度QC検定試験1級に合格。QC検定の効率的な勉強方法を模索した経験を生かし、70点で合格する「ドライ勉強法」で多くの受験者をサポートしています。

合格へのお役立ちリンク
・QC検定1級
・QC検定2級
・QC検定3級

3級重点項目
■データの取り方・まとめ方
・データの種類
・データの変換
・母集団とサンプル
・サンプリングと誤差
・基本統計量とグラフ
■QC 七つ道具
・パレート図
・特性要因図
・チェックシート
・ヒストグラム
・散布図
・グラフ(管理図別項目として記載)
・層 別
■新QC 七つ道具【定義と基本的な考え方】
・親和図法
・連関図法
・系統図法
・マトリックス図法
・アローダイアグラム法
・PDPC 法
・マトリックス・データ解析法
■統計的方法の基礎【定義と基本的な考え方】
・正規分布(確率計算を含む)
・二項分布(確率計算を含む)
■管理図
・管理図の考え方,使い方
・X  R管理図
・p 管理図,np 管理図【定義と基本的な考え方】
■工程能力指数
・工程能力指数の計算と評価方法
■相関分析
・相関係数
当サイトの特色

当サイトの特色

◆QC検定2、3級用試験対策eラーニングについて◆

●こんな人にぴったりのコースです。

・会社からの要請がプレッシャーとなっている人
・計算問題を苦手としている人
・市販されている書籍を読んでも理解できず挫折している人

●合格する方法、そしてそのハードルとは?

このQC検定試験は、合格定員が決まっている資格ではなく、概ね70点とれば、
合格できると主催者側より発表されています。
そのためには、毎回出題されている下記項目を重点的勉強することが、合格への
近道と考えます。もちろん、2009年からの新基準にも対応してた内容となって
おります。

【2級】
ヾ靄榲計量(機
基本統計量(供
A蟯悄寝鶺◆吻機
ち蟯悄寝鶺◆吻供
ジ…蝓推定
Ε汽鵐廛螢鵐阿噺〆
Ъ存碍弉菲
┳領┐罰領分布
管理図
信頼性工学
新QC7つ道具

【3級】
ヾ靄榲計量(機
基本統計量(供
QC7つ道具(機
ぃ傳達靴墜散顱吻供
ゥ汽鵐廛螢鵐阿噺〆
ι現牴
Э沓傳達靴墜散顱吻機
┸沓傳達靴墜散顱吻供

●他にはないユニークな講座

世の中の通信講座は、私の知る限り、「テキストとレポート提出」がほとんどです。
当コースはそのような一方通行の形態でなく、受講者目線にたった内容で実施します。
昨年講師が自社内でメールを利用して通信教育を実施した経験を生かします。
・メールを利用し、受講者の解らない点の回答致します。
・メールで要領の得ない、また解決できない問題に対しては
 SKYPEによる無料電話対応も考えています。

●教材満足度に応じた返金システムの運用

教材内容に満足いただけないならば、納め戴いた受講料金を全額返金をいたします。
ただし、初回に送付しました教材で判断していただくことになります

◆各種レポート購入者の声◆

●有料レポート購入者の声

【2008年3月の第5回QC検定に受験した人】
・僕は山田さんの参考書のおかげで、無事にQC2級に合格する事ができました。
山田さんの参考書は、どの一般書よりも、わかりやすかったです。
これを励みに、もっと勉強していきたいと思います。
本当にどうもありがとうございました。これからのブログも楽しみにしてます。
(男性:ペンネームのMiya-billy)

・こんにちは。以前ワンポイントレッスンを頂いた者です。
4/28に合格者の番号がWeb上で発表になりました。
早速確認しましたところ、合格しておりました。
山田様のアドバイス通り勉強した結果ですね。
ありがとうございました。試験は苦労が大きいほど喜びも大きいですね。
当たり前ですが(笑)。この試験は学生の試験と違って社会人が大半、
すなわち「自主的に」勉強されている人が多いと思います。
このため相談する人もなく黙々と勉強している人も少なくないとと思います。
こういうとき山田様のようなサイトは、学術的だけでなく、
精神的にも大変勇気つけられます。
今後もがんばって続けていってくださいね。
(男性:T様)

・山田様、こんにちは。先般、QC検定1級の合格通知が来たことをご連絡致します。
山田様には有用な資料を提供頂き、非常に参考になりました。
実は、自己採点では全然足らないなぁと思って
次回の試験も受けるべく準備していただけに、非常に喜んでおります。
今後のご活躍をお祈り致します。本当にありがとうございました。
(男性:F様)

・本日QC検定の合格発表(Web上)がありました。
QC検定2級になんとか合格する事が出来ました!
自己採点で63%しか正解が無かったためダメかと思っておりましたが、
『今回の2級問題は難しく合格点を少し落とした』
と書かれていましたのでギリギリの合格かと思います。
とりあえずは良かった〜これも山田様のワンポイントレッスンが
あったおかげかと思います。ありがとうございました。
取り急ぎご報告まで。
(男性:M様)

・ご無沙汰しております。Kと申します。
28日にWEB合格発表があったことをさっきまで忘れておりまして、
早速確認したところ、なんと1級合格しておりました。
計算問題の問1と2がほぼ壊滅状態だったもので、
なぜ合格したのか理解できず、もう一度、合格基準を確認したところ、
「・ 総合得点概ね70%以上 ・ 出題を論述・手法分野・実践分野に分類し、
各分野概ね50%以上得点すること」と日本規格協会のHPに記載されてました。
てっきり、各分野が各々70%以上得点する必要があると思っておりましたので、
これを見るまで勘違いしていたことになります。
結果的には、山田さんが作成していただいた過去問が役立ったと思っております。
本当にありがとうございました。
1級合格しましても、品質管理手法をマスターしたとは言いがたいレベルですので、
これからも日々精進すべく、今後ともよろしくお願いします。
(男性:K様)

・こんばんわお久しぶりです。朗報です。
昨夜、もうそろそろかなと日本規格協会のホームページを開いてみましたら、、、
いつオープンになっていたのでしょう。合格発表されているではありませんか。
急いで調べてみましたら、、、私の受験番号が見つかりました。
合格のようです。郵便物が正式に届いたらわたしの方もオープンにしようかと思いますが、
今のところは家族と山田様にしか伝えていません。
振り返ってみますと、論述問題の傾向と対策をしていたことは大きな助け(勝因)になりました。
わたしの場合、時間内に全問解答することができず、
実際、論述問題にはせいぜい15分しかさけなかったと思います。
にもかかわらず、何とか合格にこぎつけられましたのは山田様のおかげです。
合格といいましても、いまだに正解の分からない問題が私には数問あります。
数表を見間違えたちょんぼもありました。
帰りの電車の中で落ち着いて考えてみれば、簡単な問題だったことにすぐ気が付きましたのに、
時間切れで解答できなかった問題もありました。反省しきりです。
とはいえ、 2時間の試験時間中は近年に無く集中しましたし、
試験後のくたくた感も近年無かったことでした。良い経験をし、
今は気持ちの整理もできました。合格していたら、
次はあれをトライしてやろうとこの一ヶ月間考えていたことがあります。
GW連休中はゆったりするとして、連休後は実行に移したいと思います。
では、山田様大変お世話になりました。山田様の、ブログを楽しみにしている方、
ブログで勉強している方、全国には多々いらっしゃると思います。
山田様のブログにはちゃんと読者が付いていると自覚を持たれ、
さらに発展させていただければと思います。長くなってしまいました。
また、機会ありましたら、一読者の意見でメールさせていただくことがあるかもしれません。
その折はよろしくお願いいたします。失礼いたします。
(男性:F様)



メルマガ登録・解除
QC検定試験の「傾向と対策」
   
バックナンバー
powered by QC検定登録ページへ


C0PYRIGHT 2009 QC検定受験対策サイト